撮影

2010年07月13日
撮影
店長です。
すぐれない天気が少し持ち直した本日午後です。
日差しは明るく空気はさわやか!気圧のせいなのか、雨が続くと体調が急降下し、呪いにかかっているように不調になる私。若い頃はこんなことなかったのに!! 加齢!?加齢ですか!?を連発してオカノはかなりうっとおしいのではと思います。
すいません。

本来なら先週末遠軽町に出向き、いよいよシーズンを迎える養蜂とはちみつが採れる環境を撮影し、本年度のレポート作成のためのロケを行う予定でしたが、激しい雨によりあえなく断念せざるを得ない状況に…(涙)。
その代わり週末はスタジオで、新製品の撮影を行いました。
お願いするのは店長の気のおけない友人でもあるカメラマンU氏です。普段は大きな仕事を沢山やっている実力派ですが、店長と友人だったがために、この日はアシスタントもつけず、自らセットを組みかえるという重労働を強いる羽目に…。撮影といっても、スタジオレベルになるとコストも含め、気軽に出来るものではありません。
忙しい中いつも快く撮影を受けてくれる氏に本当に感謝です。撮影でいつも思うのですが、商品がアクリル台に乗る瞬間は、例えるとわが子の小学校入学撮影くらい嬉しく感極まるのです。
発売前の、製品が客観視される最初が製品撮影です。バルクを何度も検討し、容器を選び、パッケージを考え、最後の最後までつかんでいた手をいよいよ離す瞬間です。
昨日まで自分にべったりだった製品が、まるで自分が作ったものではないかのように澄ましている様子に、母親にも似た気持ちを感じる私。完全に製品好き過ぎですが、それくらい愛があって当然です!愛のない製品をお客様にお勧めすることは絶対に出来ません。
とにかくこれまでの苦労が一瞬で吹き飛び、期待の血中濃度が激しくあがり、スタジオ後方で毎度おかしなテンションになっている店長です。発売までもう少し、頑張ります。